白鳥農園
安心と美味しさの秘密
 
 
 
 
番号 : 4白鳥農園が思う”食べる”ということ修正 削除
 
書き込みをした方 : 管理人  
ファイル名 : 食は生命byH.S0001.jpg
容   量 : 48 KB
 
 
 
白鳥農園では、”食べる”ということにもこだわりを持っています。
”食べるもの”は、”やがて命に変わるもの”ですので、それに相応しい栽培をしなければならないと考えています。
 
 
番号 : 3長野県伊那市〜好立地条件6つの理由修正 削除
 
書き込みをした方 : 管理人  
ファイル名 : 伊那市20110917.jpg
容   量 : 12 KB
 
 
 
 白鳥農園が位置する長野県伊那市。
 そこは農作物作りに極めて稀な好条件の地。
 その6つの理由とは、
1.信州は伊那、東に南アルプスを望み、中央アルプスを背にした景観の美しい高原。
2.標高850m〜900mの東向き斜面に位置。
3.朝日を早くから浴び、西日の入りは早いことから、農作物の光合成が盛んになる。
4.昼夜の温度差が大きく、植物の養分転換が十分に行われる。
5.霧がよく発生する。(良い農産物ができる地域は、例外なく霧が発生する)
6.水はけが良く、肥沃な地質である。
 
 
番号 : 230余年にわたる品質へのこだわり 〜生産者の素顔修正 削除
 
書き込みをした方 : 管理人  
ファイル名 : H.Shirotori.jpg
容   量 : 27 KB
 
 
 
 化学肥料や除草剤は使用せず、農薬の使用も必要最低限もしくは使用せず、食べる人のことを第一に考えた、安心・安全で満たされた栄養のある美味しい農作物作り。
 それが、白鳥農園が大切にする栽培方法。

 生産者の白鳥博さんが名古屋で畜産指導をしていた頃、農作物が美味しくないことを痛感。
丁度その頃、実家の事情もあって伊那市に戻り、昔ながらの農業で「白鳥農園」を始めた。
 ”もともとそこにあったもの、自然界にあるものしか使わない”という昔ながらの農業を、近くのお年寄りなどに聞いて教わりながら無農薬有機栽培で機能性にこだわった農作物を作ろう!と決意。
以来、今に至るまでの30余年にわたり今なお試行錯誤を繰り返しながらもこだわりつづけている。

 と同時に、子ども達に”食”の大切さを伝えようとリンゴ畑を開放し”食育”にも力を注ぐ。

 現在は、息子さんの昇さんとともに、さらなる高品質な農作物作りを目指して日々こだわり続けている。
 
 
[1] [2]
 
名前タイトル内容